日本の田舎がここにある。
日本人のこころのふるさと奈川。

素朴な田舎と自然を背景にした奈川をお伝えします。

奈川の最新情報はこちらからどうぞ

 

ながわ観光協会からのお知らせ

4月
13

「第36回野麦峠まつり」開催のお知らせ

「第36回野麦峠まつり」が、5月27日(日)に開催されます。  諏訪の製糸業が盛んだった明治から昭和初期、糸引きに飛騨の少女達が行き交った野麦峠。古人が歩いた野麦街道(1.3㎞)を検番さんが先頭に、工女や歩荷姿の仮装者と共に歩きます。 一般の方も自由にご参加いただけます。古人の苦難に接するとともに、笹と森林のつくり出す清澄な空気にふれ、生きる喜びを体感してみませんか? 当日は、ネイチャーガイ
1月
11

平成30年奈川寒中とうじそばまつり開催のお知らせ

こちらは2018年2月に終了しております。 こちらは2018年2月に終了しております。 開催日:平成30年2月3日(土)~2月12日(月) この期間限定で「雉(キジ)とうじそば」をご提供いたします。 店舗など詳細につきましては、下記PDFをご覧ください。 また、昨年大好評をいただきました、メインイベントですが今年は、2月4日(日)に行います。予約の受付は、1月16日(火


奈川ってこんなところです。

奈川の食

信州、田舎の伝統文化から生まれた奈川の「食」をご紹介します。

奈川で遊ぶ

ご家族・ご夫婦・お友達と奈川でなければ体験できない遊びがあります。

奈川の人

奈川で暮らす純朴な人たちのとびっきりの笑顔に触れてみませんか?

奈川で泊まる

温泉旅館・ロッジ・キャンプとそれぞれの奈川の宿泊の楽しみ方があります。

ながわ観光協会会長の一言


奈川観光協会会長 高宮 澄男

平成29年4月より、ながわ観光協会会長に就任いたしました高宮でございます。 当地区は平成17年4月1日に松本市と合併し、南安曇郡奈川村から松本市奈川となり、今年で12年を迎えました。(平成29年4月現在) 奈川は自然豊かで貴重な歴史や文化があり、標高1,000m以上の農山村ならではの滋味あふれる山菜や茸、農作物が良く育つ魅力ある里山です。 特に寒暖差の激しい環境で育った蕎麦や高原野菜は絶品で、郷土料理のひとつ「とうじ蕎麦」も大変人気があり食文化も注目されている地域でもあります。 訪れていただく観光客のみなさまと、地域住民の繋がりに重きをおいた着地型観光の視点がこれまで以上に求められている現在、資源や人財の再発掘、再確認は地域の活性化と観光の多様性を生み出す上で重要になってきます。 土地の自然や歴史文化にふれ、人々との交流を楽しみ、感動を共有し豊かで充実した時間を過ごしてもらうための地域観光づくりを行います。 また、隣接する山岳エリア、乗鞍・上高地の大自然も共有の財産として捉え「観光行政」と「地域づくり協議会」「信州・松本奈川グリーンツーリズム推進協議会」との連携をはかり、地域の魅力を内外に発信し「住んでてよかった、来てみてよかった奈川」を目指し、地域振興に貢献して参る所存です。

奈川観光協会会長 高宮 澄男


ながわ観光協会は、地域内の観光振興を目的とした観光事業者です。奈川の会員様の事業紹介を行っております。

雲の流れを追いかけてみた。自然と素朴であったかい人々に触れてみる。