「第36回野麦峠まつり」が、5月27日(日)に開催されます。

 諏訪の製糸業が盛んだった明治から昭和初期、糸引きに飛騨の少女達が行き交った野麦峠。古人が歩いた野麦街道(1.3㎞)を検番さんが先頭に、工女や歩荷姿の仮装者と共に歩きます。
一般の方も自由にご参加いただけます。古人の苦難に接するとともに、笹と森林のつくり出す清澄な空気にふれ、生きる喜びを体感してみませんか?
当日は、ネイチャーガイドさんのお話をききながら、1時間ほどの山行になります。ぜひ、ご参加ください。
また、山頂のイベント会場では、乗鞍をバックに迫力ある太鼓の演奏の他に テレビでもご活躍されている飛騨の語り部 鮎飛 定男さんのお話を聞く事ができます。野麦峠を越えて、諏訪に糸引きに通った鮎飛さんのおばあ様の話は、実にリアルで感動ものです。特産物の販売もございますので、山行をしない方にも楽しんでいただけます。。

クリックで拡大して(PDF)でご覧いただけます。

「第36回野麦峠まつり」開催のお知らせ

得チケットについて

山菜おこわ、ウド汁、きび大福、ウッデイ・もっくの無料入浴券、記念品
がセットになった、得チケットを、川浦歴史の里とイベント会場にて販売いたします。ぜひご利用ください。

シャトルバスについて

当日は、松本駅西アルプス口より、シャトルバスが出ます。
こちらは、先着60名。予約が必要とります。予約はお早めに。
また、お車でお越しの方は、川浦歴史の里にて、シャトルバスにお乗り換え下さい。

「第36回野麦峠まつり」開催のお知らせ